ローンの返済が難しい方(任意売却)

  • ホーム
  • ローンの返済が難しい方(任意売却)

競売になる前に「任意売却」という選択を

競売になる前に「任意売却」という選択を

購入当社は無理がなかった住宅ローン。しかし、何らかの事態によって支払いが困難になってしまったことで、滞納目前、もしくは滞納をしてしまったという方もいらっしゃるでしょう。そのままの状態を放置すると、抵当権に従って差し押さえ、果ては競売にかけられてしまう可能性もあります。こうした事態に陥る前に、任意売却をご検討ください。仙台市太白区の不動産会社D‘BONDSが、任意売却の基礎知識を解説します。

任意売却とは?

住宅ローンを利用して不動産物件を購入すると、金融機関によって「抵当権」が設定されます。そして、何らかの理由で住宅ローンの支払いが滞った場合、抵当権にしたがって不動産は差し押さえられ、競売にかけられてしまうのです。

競売にかけられるとさまざまなデメリットがあるため、これを避けるために「任意売却」を行うケースがあります。こちらは、債務者と債権者の合意に基づいて不動産を売却し、債務整理を行うものです。競売の場合は市場価格よりも3~5割安く売買されるのが一般的ですが、任意売却では競売よりも高い価格で売却できます。

任意売却ができるタイミング

※表は左右にスクロールして確認することができます。

任意売却可能 ローン滞納前 月々の支払いは行えているものの、住宅ローン滞納は目前。早めの対策が必要です。
滞納3カ月以内 住宅ローンを滞納したことで、金融機関から督促状や一括弁済通知が届きます。このまま放置を続けると、不動産が競売にかけられます。
滞納4カ月以内 競売開始の通知が届きます。この時点より4?5カ月で競売が実施されます。
滞納5カ月以内 競売目前のタイミングです。裁判所より執行官が訪れ、建物を写真に撮るなど、調査が実施されます。そのほか、不動産関係が訪問してくるケースもあります。
任意売却はできません 滞納5カ月以上 競売が開始されます。任意売却は行えず、強制立ち退きが求められます。

競売と任意売却とを比較

どちらも不動産を売却するのだから、競売でも任意売却でもそれほど変わらないと考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、競売と任意売却には大きな差があります。こちらでは、競売と任意売却の違いを表にしてお伝えします

※表は左右にスクロールして確認することができます。

競売 任意売却
売却価格 市場価格よりも大幅に低い価格で売却されてしまいます。価格は市場価格の5~7割程度が一般的です。 市場価格と大きく変わらない価格で売却できるケースが多くなります。
残債 任意売却よりも多くの残債を抱えてしまうリスクがあります。 基本的に競売よりも高く売却できるため、残債を減らしやすくなります。
残債の返済 競売の場合、返済方法を交渉できません。そのため、競売後も無理な支払いが続くおそれがあります。 残債の返済方法について交渉可能です。分割返済で無理なく返済できるケースが多くなります。
プライバシー 売却情報は新聞や広告、ネットに掲載されます。そのため、近所の方や職場の方に自分の状況を知られてしまうかもしれません。 任意売却は秘密厳守で進めることか可能です。他人に知られずに売却できます。
立ち退き 落札者が決定すると、相手の都合によっては強制的に立ち退かされてしまう場合があります。 立ち退きの日程は、交渉が可能です。無理やり立ち退かされる心配はありません。
引っ越し費用 引っ越し費用を捻出できるケースはほとんどありません。 交渉次第では、引っ越し費用を捻出できる可能性があります。
生活再建 競売になると売主様の事情はあまり考慮されずに売却が進んでしまいます。そのため、今後の生活再建に向けての計画が立てにくくなります。 任意売却であれば、次の生活のための準備金を手元に残すことが可能です。人生の再スタートを切りやすくなります。

リースバックについて

リースバックについて

リースバックとは、いったん当社や第三者に自宅を売却し、その後は賃料を払ってお客様に住み続けていただく方法です。家を手放さずにローン滞納の問題を解決できます。リースバック契約では賃貸契約を結ぶため、安定した収入や連帯保証人の条件を満たすか、家賃滞納を保証する賃貸保証会社に加入していただく必要があります。事前に買い戻しの特約を取り決めておけば、将来買い戻しが可能です。

買い戻しまでの期間は5年以内が目安になります。将来収入が回復する見込みのある方や、購入資金の目処が立つ方、お子様が就職して住宅ローンを利用できる方は、買い戻しを検討してみてはいかがでしょうか。このような場合、利用できる住宅ローンには限りがあるため、ぜひ当社までご相談ください。適切な金融機関が見つかるようにお手伝いさせていただきます。