不動産をより高く売るためのポイント

  • ホーム
  • 不動産をより高く売るためのポイント

不動産売却を成功させるポイントをご紹介します

不動産売却を成功させるポイントをご紹介します

不動産売却は大きなお金が動く取引です。失敗を避けるためには、売主様であるお客様ご本人が、しっかりとした基礎知識を身につけておくことが大切です。そこでこちらでは、不動産査定や査定評価アップのポイントなどを、仙台市太白区の不動産会社D’BONDSがご紹介します。

不動産査定の流れについて

これから不動産売却をしようと考えている方は、不動産会社へ査定を依頼しましょう。査定を受ければ所有している物件の相場が分かるため、売り出し価格を決める際の参考になり、売却がスムーズに進みます。

当社では無料査定を承っており、気軽に所有不動産の相場を知ることが可能です。査定後は必ず売却しなければならないわけではないため、売却をお悩みの方にもご利用いただけます。こちらでは、当社へ査定を依頼される際の流れをご紹介します。

Step01
依頼時の準備

事前に情報を整理しておくことで、査定をスムーズに進められます。また、確認したい点があればメモしておいて、質問できるようにしておきましょう。

Step02
不動産査定の準備

次の情報を整理しておくと、査定がスムーズです。また、疑問点があればそちらも質問できるようにまとめておきましょう。

  • 不動産の所在地
  • 不動産の種類(戸建て、マンション、土地など)
  • 不動産の状況(居住中、空き家、賃貸など)
  • 不動産の土地および建物面積(マンションは専有面積)
  • 建物の築年数
  • 売却予定時期
  • 不動産の名義
Step03
不動産査定の実施

査定を依頼された会社は、物件状況・市場価格・周囲の取引状況といったことを分析して査定価格を出します。売却を周囲の方に知られたくない場合は、ご要望に応じてプライバシーを考慮した査定も可能です。

Step04
査定結果の報告

査定が終わると、不動産会社から価格が報告されます。報告書の内容を確認し、不明な点があれば不動産会社まで確認してください。

査定評価に影響する不動産のポイントとは?

査定評価に影響する不動産のポイントとは?

査定価格が必ずしも売却価格になるとは限りません。しかし、査定で高評価を受けられれば、好条件で売り出せる可能性が高まります。評価の高い物件は、土地や住宅を探している方にとって大きな魅力を持つからです。

高評価を得るためにも、査定の際にどのような点に注意すればよいのか知っておきましょう。査定評価のポイントをご紹介します。

代表的な優良物件の条件

まずは一般的な高評価ポイントについて考えてみましょう。

まずは周辺環境。商業施設や交通機関、教育施設や医療施設が周りに揃っていれば、暮らしやすさの面で好評価を得られます。

次に土地です。5?6メートルの幅員で南面道路に面し、かつ角地にあるのが理想的です。また、建物の自由度や日照時間を考慮すると、長方形の区画された形状であれば好評価につながります。そのほか、南向きのひな壇に位置していると、日当たりも良好となるでしょう。

そのほか、古家や建物がない更地の状態は、これからマイホームを建てようというニーズに合致します。なお、不要品や廃棄物が一切なく、まっさらな状態であることも重要です。

悪条件が低評価につながるとは限らない!

一般的に悪条件とされる物件でも、工夫次第で買い手にとって魅力的な物件になる場合があります。

たとえば、北側が道路に面している土地です。このような物件の場合、玄関が北向きになってしまいますが、南側にはプライバシーが守られる庭をつくれます。また、天窓や吹き抜けを設置すれば、明るさもカバーできます。

道路に面していない土地も、一般的には不便だと考えられる不動産です。しかし、プライバシーが守られた土地だとも考えられます。周囲を建物に囲まれることになりますが、設計次第では、静かで暮らしやすい家の建設が可能です。

傾斜地の場合は、家を建てる際の基礎工事が割高になってしまいます。しかし、設計を工夫すれば日当たりが良く眺めの良い住宅を建設可能です。このように、通常なら低評価になりがちな土地でも、住宅性能によって査定を高くできるのです。

購入希望者様からの評価をアップする工夫

購入希望者様からの評価をアップする工夫

不動産取引では大きな金額が動くため、査定次第で売却価格に数十万円単位の差がついてしまいます。不動産査定は売主様の工夫次第で評価アップも期待できるため、ぜひ評価が上がるように取り組んでみてください。理想の価格で売却するために、査定評価を上げるポイントをご紹介します。

まず、注意する必要があるのは物件の状態です。間取りやサイズの条件が同じでも、買い手にとって印象が悪ければ、査定評価は下がってしまいます。物件状態を整えて、買主様に多少高くても購入したいと感じてもらえる物件を目指しましょう。

買主様は大切なパートナーであることを忘れない

また、取引するのは人間だということも忘れないようにしましょう。たとえ良い物件でも、売主様の態度が良くなければ評価が下がってしまうことも考えられます。対応次第では、買主様に取引したくないと思わせてしまうかもしれません。

買主様から信頼されるように、売却は誠実な態度で行いましょう。売却条件がコロコロ変わると信頼されにくくなるため、一貫性のある対応を貫いてください。誠実な対応をすることで、買主様の信頼を得られ、好条件で売却できる可能性が高まります。

買主様は、不動産売却において売主様の大切なパートナーになります。